筋トレの注意点や計画するメリット

トレーニングメニューを組む際の注意点

筋トレ,注意点,スケジュール,メリット,筋肉トレーニング,体重,理由,筋肉痛,筋力トレーニング

 

トレーニングメニューを組む際の注意点は、まず、1週間に何回出来るのか把握をします。3か月無理なく継続するためには、どのくらいトレーニングに時間を当てられるのか正確に把握して出来る範囲のスケジュールを立てます。

 

曜日ごとに鍛えるパーツを分ける事で、上半身を鍛えたら次は下半身を鍛えます。大きな筋肉を鍛えると小さい筋肉も使っているので、上半身を鍛えたら上半身のパーツが連続しないように気を付けます。1日行ったら1日休みを入れる事で、筋肉は鍛えたら休ませる必要があるので1日行ったら次の日は同じ筋肉を鍛えない事です。

 

1日のスケジュールをを組む時のコツは、筋トレのBIG3であるベンチプレスとスクワットとデッドリフトは、取り入れる事です。3つのメニューだけで全てが関節を2つ以上使用しているので、コンパウンド運動になります。それぞれの種目を単純に行う事で、1度に多くの筋肉が鍛えられます。

 

基本的に筋トレBIG3は毎日行っても問題がなく、筋肉痛になっていなければ毎日行えます。筋トレを行った後は、食事にも気を付けて高たんぱく低カロリーな食事を摂りましょう。

トレーニングスケジュールを立てるメリット

筋トレ,注意点,スケジュール,メリット,筋肉トレーニング,体重,理由,筋肉痛,筋力トレーニング

 

トレーニングスケジュールを立てた方が良い理由は、無計画のトレーニングは長続きしない事が多いためです。その日の気分でトレーニングを決めていると、継続出来なくて思った効果も得られないです。計画を立ててあると、トレーニングが日常化して続けやすくなります。

 

計画を立てる時に何を基準にして立てるのかは、基本的に刃1週間を基本にします。一般的に刃月曜日から金曜日までは仕事で、土日は休みの人が多いです。曜日により行う事は決まっていて、1週間でトレーニングを組むと習慣化出来やすく継続しやすいです。

 

既に1週間の生活リズムがあるので、その中からトレーニングに確保出来る時間も簡単に見極められます。例えば会社で毎週金曜日がノー残業デーと決まっていると、他の日よりも確実に時間を確保出来ます。休みの日や仕事が忙しい日等、自分がトレーニング出来ない日を明確にしておく事です。

 

トレーニングが出来る日を増やして詰め込んでいくよりも、トレーニング出来ない日を決めておく方が無理のないスケジュールを組めます。1度決めたスケジュールにこだわる必要はなく、無理があると感じたら自分が出来る範囲で変更しても大丈夫です。

 

継続をする事を優先して、トレーニングスケジュールは柔軟に変更していきましょう。

筋トレをすると体重が増える理由

筋トレ,注意点,スケジュール,メリット,筋肉トレーニング,体重,理由,筋肉痛,筋力トレーニング

 

筋トレを行って体重が増えるケースは、今まで筋トレを行ってこなかった人が久々に筋トレを行ったときに起こることが多いです。筋肉よりも脂肪の方が軽く、筋トレを行うと少しずつ筋肉が付いてき体重が増えやすくなります。筋肉が落ちて脂肪が付く場合は、見た目はデブデブであるのに体重が減っているようになります。

 

これは良くない事であるので、喜んではいけないです。筋肉が付いて体重が増えるのは最初の頃だけであるので、体重が増える事は悪い事ではないです。筋トレを始めたばかりの頃は、筋肉が反応しやすい時期であるので6か月くらいは重量も上がってきます。

 

それ以降になると、更に増える人はあまりいないです。その後は痩せやすい体質になるので、体が引き締まってきます。ダイエット目的で行っている人は、体重が増えたからと諦める必要はないです。長期間で観ると必ず減っていくので、筋トレを続けていきます。

 

筋トレを行うと身体を動かしているので、お腹がいつも以上に減ります。普通の人はいつもよりも食事の量を多くするので、食べ過ぎになり体重が増えるのです。食事の量は変わっていなくても、間食等をしている人が多いです。気付かないうちに食べている事が多く、筋肉が付いて増えたのもありますが、食べ過ぎが原因の事もあります。

筋肉痛でも筋力トレーニングした方が良い?

筋トレ,注意点,スケジュール,メリット,筋肉トレーニング,体重,理由,筋肉痛,筋力トレーニング

 

筋肉痛が起きている時は、基本的には休んだ方が良いです。そもそも筋肉痛になっている筋肉は炎症を起こしていて、筋力も低下しています。筋肉痛が発症した数日間は、運動能力がピークになる事は基本的にはないです。筋肉痛は筋トレや運動を行った時に筋肉のみに起こるので、筋肉痛が起きている筋肉群を休ませている間は他の筋肉群を鍛える事は可能です。

 

筋肉痛の時であっても、筋トレのメニューの組み方次第で筋トレを問題なく行っていけます。例えば下半身に筋肉痛があれば、上半身を鍛える筋トレを行うようにします。このように行っていけば、時間を有効活用して少しでも目標の体型に近づけられます。

 

筋トレは出来ないが、軽い負荷の運動やストレッチ等であれば同じ部位でも行う事が出来ます。足が筋肉痛になっていても、ウォーキングなら行えます。ただし筋肉痛が激しい場合は、軽い運動であってもなるべく避けるようにして完全に休めて回復させるようにします。

 

筋肉痛が起きた時に鎮痛剤を服用して、筋トレを行うのは避けるべきです。痛みが発症していても鎮痛剤で抑えてしまうと、そのことを認識出来ないで筋肉痛が起こったまま筋肉に大きな負荷をかけてしまう事になります。

バルクアップアーマープロ筋肉シャツのご購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページでバルクアップアーマープロ筋肉シャツについても確認してみてください。